よしづのメンテひとり言。基本が大事。空気入れ。

こんにちわ。四条店よしづです。

不定期になりますが今回も修理についてのお話です。

皆さん、空気はどのくらいの頻度で入れておられますか?

だいたい減ったと思ったら入れてるよ。って方がほとんどだと思います。実際、感覚的なところになるので人によって様々です。

ですが、空気を入れないで、若しくは入れる頻度や圧が足りない状態で自転車に乗り続けていると中のチューブが下の写真のようになることがあります。

なぜこんな事になっているのかと言うのは口だけでは説明しづらいので絵を描いてみました。

…ヘタな絵ですいません。(笑)

通常、走っている時はこれで普通に進みますが、空気が減っていると、タイヤと車輪間の密着が弱くなります。

自転車は漕ぎ出した時、車輪の中心から力が加わるのですが、路面抵抗の力は外側(タイヤ側)からです。

この時にタイヤと車輪の密着が弱いと回転の勢いに負けて車輪とタイヤのはめ合わせがズレ、中のチューブがバルブの所に集まっていき、いずれ写真の様になりダメになってしまいます。

先程のチューブに空気を入れてみたのが上の写真ですが、バルブのすぐ左からがツチノコの様に大きく膨らんでいます。

これはクシャクシャになっていた部分が引っ張られて伸びたり、削れて薄くなったりする事で他の場所に比べ、膨張しているためです。

ここまでになる前に定期的な空気入れでいい状態を保てればパンクのリスクはぐんと下がります。

ちょっとの気づかいでトラブルの少ない快適なサイクリングをしていただけたらと思います。

もちろんお声をかけていただけたら無料で空気も入れますので、お気軽にご来店ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です